キャッシングの審査について

キャッシングを考えたことがある人なら、おそらくその審査に通るか不安になったことがあると思います。そこでキャッシングの審査にはどんな基準があるのか簡単に説明したいと思います。

お金を貸す側の立場から考えて返済できそうにない人には貸してくれません。その一つの指標として挙げられるのが年収です。しかし、ただ年収の額を見て何万以下だから貸さないなどということではありません。

返済できるかどうかを見ますのでたとえば、年収500万の人がいきなり8000万借りたいなどと言っても当然のことながら無理なわけです。年収からその人がどのくらいの返済能力があるのかを判断していますので、現実的で確実に返済できると判断してもらえるような融資額と年収の関係がなければいけないのです。

また、年収が高ければいいのかというとそういうわけでもなく、もうひとつ大切なことがあります。それは収入が安定していることです。いくら収入が多くても不安定だと信用を得られず、審査に通りにくくなってしまいます。

つまり、低くても安定した収入があり、それに見合った融資額ならばほとんどの場合審査に通ると思います。これに加えて、勤続年数が長いこと、持ち家があること、なども審査においての信用を高める要素になります。このように特別難しいことは何も無く、いかに信用されるか、ちゃんと返済できる人だと思ってもらえるか、ただそれだけなのです。